浜松市の接骨院・整骨院-むち打ち等の交通事故、肩・腰・膝の痛み、スポーツ障害等相談下さい。

交通事故・むち打ち・腰痛には浜松市北区の接骨院、整骨院




現在の閲覧者数:


首の施術(上部頚椎施術)の重要性について

腰痛治療は浜松市北区のファミリー整骨院



●1ページ目ダウンロード / ●2ページ目ダウンロード

なぜ首の歪を整える(上部頚椎施術)ことが大切なのか?



首の先端部にあたる上部頚椎(第一、第二頚椎)は最も神経伝達妨害が起きやすい部位です。

なぜ首(上部頚椎)が大切なのか?①
上部頚椎は身体の重さの1割の重みを持つ頭を支えており、最も物理的に負担がかかる部位である。
なぜ首が(上部頚椎)大切なのか?②
骨と骨をつなぐ役割をもつ椎間板が唯一ない部位であり、可動域が他の部位と比べ格段に広いがその反面最も不安定な部位である。
なぜ首(上部頚椎)が大切なのか?③
もっとも小さい椎骨であるため、頭はもちろんのこと身体のあらゆる部位で受けた外傷や衝撃が伝わりやすい。これは身体のどこを打ってもそのダメージが上部頚椎に伝わる事を意味します。



そして最も重要なことは、延髄とよばれる生命を維持する役割を持つ脳幹の一部がこの上部頚椎によって守られていることです。

脳幹の働きは(消化、代謝、分泌、排泄、生殖、循環、呼吸、免疫、体温調節)といった自律神経の中枢であり、それに加えて背骨の周りの筋肉の調整カラダのバランスの調整、そしてなによりも自然治癒力を司っているまさに生命の源であることです。

この部位に異常(神経伝達妨害)が起きるとカラダ全体に与える悪影響は測りしれません。

その上、筋骨格上においてもこの上部頚椎に異常が長く存在すると、頭の重みによって首が傾くようになり、その傾きを補正するためにカラダでバランスを取るようになります。その結果、背骨全体が歪んでいくのです。(姿勢不良)

その結果、首⇒肩⇒背中⇒腰⇒骨盤⇒股関節⇒膝⇒足首⇒踵といった具合に過度の負担(重力による負担)が生じ、筋肉の緊張(張り)や関節の痛み、末梢神経の圧迫による神経痛やしびれといった「症状」がでる事も当然考えられます。

このように上部頚椎に起こる異常は脳から送られるイネイト(生命力)による「自然治癒力」の伝達を妨害するだけではなく、筋骨格上においても目に見える形で身体全体に悪影響を及ぼします。

この上部頚椎に存在する歪(異常)を正確に見つけ、それを取り除くことがとても大切であり、同時に多くの医療従事者が見落としている点でもあります。

当院は、海外では医師の評価もあり医師も使用するスパイナルアジャスターにより上部頚椎の異常を「正確」に検出して、「正確」「安全」に施術(脳幹に刺激を与える)させて頂いています。

※首の施術は、診療内容により行わない場合がありますので、ご希望があればお伝え下さい。

首(上部頚椎)を施術することによるカラダへの効果


1)延髄の働きが活性化され、自律神経の機能が改善する。
2)全身の血管運動が活性化され、血流が改善する。
3)補正作用によって歪んでいた背骨が本来の位置に戻ろうとする―カラダのバランスが改善する。
4)筋肉の緊張(張り)や筋骨格上における負担(重力の負担)が減る。
5)末梢神経の圧迫が改善される 。

施術後は?


施術を受けた日は、なるべく安静にお過ごし下さい。
施術によって背骨の異常が改善されますと、それまで滞っていた脳からの指令がスムーズに通るようになり「自然治癒」が始まります。それに伴って身体に「好転反応」が現れることがあります。

しかし、飲酒や、激しい運動、熱いお湯への長時間の入浴など、体液の循環が過度に高まる行為をしますと、これらの反応が激しく現れすぎてしまい、かえって身体に害を及ぼす事があります。

好転反応とは?


施術後、ほとんどの方が身体がゆるんだり、ポカポカするというような経験されるようです。しかし、人によっては、施術後にだるくなったりなど、別の症状が現れる事があります。

これは「好転反応」と呼ばれるもので、施術によって正常になった脳からの指令に、身体の各部分が正しく適応しようとする自然な身体の反応です。今まで滞っていた指令がまとめてやってきますので、最初のうちは強く反応がでることがありますが、大抵は2~3日後には治まり、その後は身体が楽になっていきますので心配はいりません。カラダが反応を示している良い反応とご理解下さい。

好転反応の例

軽い倦怠感、頭ののぼせや軽い頭痛、筋肉の緊張がほぐれている感じ、古傷が痛みだす、体温の上昇、発汗量が増える、下痢をする、便の量が増える、痛む場所が変わる、チクチクする軽い痛み、筋肉痛のような感じ

首の位置がカラダに与える影響


首の位置により動作がしやすい場合としにくい場合があることを皆様で体験してみてください。

1)首を右に向けた状態で右肩を後ろに引く動作と、首を左に向けた状態で右肩を後ろに引く動作ではどちらがやりやすいですか?
2)腰掛けている状態から首を下に向けて立ち上がる動作と首を上に向けて立ち上がる動作ではどちらがやりやすいですか?

首の位置により動作がしやすかったり、しにくかったり感じることができると思います。これは、日常やスポーツシーンの様々な場面で起きていることです。

つまり、首の異常(歪み)によりカラダが上手く使用できていなければ、どこかに負担がかかり様々な痛みを引き起こすことは用意に想像することができると思います。

首の施術が必要かどうか?


問診票から首の施術が必要かどうか判断することができますので参考下さい。

問診票をダウンロード/  視点を変える会話例はコチラ!!

※首の施術は、診療内容により行わない場合がありますので、ご希望があればお伝え下さい。

安全な脊椎矯正を受けよう!


民間療法として脊椎(頚椎や腰椎)の矯正を行っている整体院やカイロプラクティック院や接骨院ですが、どこでも施術が安全に受けられるわけではありません。

良い治療院選びのポイントは、「正確で科学的」な検査と「正確で安全」な矯正を行っている所を選びましょう。

実際、科学的検査を行っている治療院は少数です。科学的検査が必要な理由は、医学で言うところの誤診を防ぐためです。未だに手の感覚だけの検査で異常な脊椎を見つけている治療院が多数を占めますが、手の感覚は信頼性が低いため施術ミスにつながる脊椎矯正を受けることになります。

また、矯正方法はその先生が今まで学ばれてきた経緯によって大きく左右されます。
危険な矯正や意味のない矯正をあたかも正しいかのように患者様に施している治療院もたくさんあります。

患者様は料金だけに目を向けるのではなく、施術の質に目を向けた治療院選びが大切です。

YP.jpg

当院は、「正確で科学的」な検査と「正確で安全」な矯正が行なえるスパイナルアジャスターを導入している希少な整骨院です。

スパイナルアジャスターは、米国のカイロプラクティックの発展系と呼ばれています。当院では、必ずスパイナルアジャスターを使用した脊椎矯正を行っています。

date.jpg

頚椎の可動性をコンピューターで検査した際の画像です。頚椎は7つの椎骨からなるため7つの関節の硬さを検査します。左の棒グラフと左の曲線グラフが矯正前の状態です。

この状態でわかるのは、頚椎1番の可動性の低下と各曲線グラフのアンバランス(神経のアンバランス)がわかります。右の状態が矯正後の状態です。

棒グラフは、均等になり曲線グラフもキレイに重なっているのがわかると思います。このように前後比較して治療をすすめていくのが特徴です。また、常時その人のカラダの状態が「現在どのような状態にあるのか」科学的に評価することができます。

姿勢の改善例


左が施術前、右が施術後の写真です。

個人差はありますがコンピューターのグラフが整ってくると姿勢も整うようになります。

この写真の場合は、2回の施術でグラフが整った後の比較です。


sisei.jpg